株を英語で勉強

今は投資家になるつもりはないんだけど、社会勉強のために株の勉強を英語を通して行うという修行中
株自体はまだやっていない。十分に知識がついたら、小遣いのうちの数パーを入れるお遊び投資がしたい。
しかしこれがまたキツい!難しい言葉がいっぱい出てくる!

1つの用語を解説する記事を読んだら、そこでまた別の知らない用語が出て来る。それを読んだらまた知らない用語が...と無限ループする。
ウィンドウ一個しか使ってないと、タブが30個くらいになってカオスに。
何とか理解したのは、インフレとデフレの長所と短所、優先株、outstanding shareとauthorized shareの違い、
あとは債券って何なのかみたいな事を。
今すげー分かんないのが、債券についてる利子みたいな奴。何やねんあれ。
日本語で読んだらすぐ分かるだろと思って日本語で調べたら余計わからんようになったw何あれw

でも、英語の用語のほうが、日本語より逆に分かりやすかったりする。
たとえば、累積優先株式 ....こんな風に書いてあると凄く覚えにくいが
accumulative preferred stock と書いてあるほうが何だかわかりやすい。
俺、日本人で英語も上手じゃないっていうのに。
accumulative は俺の中で、掃除機ってイメージの単語。吸って集めるんだ。
preferred は、エコヒイキされてる物。stockは株。

コメント

非公開コメント