縁が薄い

なんか両親とあと1年くらいしたら縁を切ることになった

「お前は誰に似たんや」ってよく言われる。
俺は、両親が頼りない事に幼い頃から気づいてたから、他のしっかりした大人と会うことがあったら手本にしようとしただけ。
本やら漫画かな。フィクションも含めて。
人間としてしっかりしてると思える大人に限って口をそろえて「その親、クソだからアテにしないほうがいいよ」って言うんだよな。
どう考えてもその通りなのに、
まだ幼い俺は、「でも実の両親だし...もうちょっと信じてみます」みたいな感じで長いこと頑張っちゃったのが失敗だった。
俺は甘かった。
それは優柔不断なだけで良い事でも何でもない最低行為なのだ。

コメント

非公開コメント