境界性人格障害に関する誤解

2回続けて同じネタ



「ボーダー」という言葉も浸透してきた。メンヘラの一種としてよく知られている「境界性人格障害」についての誤解をこの女の人は解説してくれている。
管理人は、昔やってた「メイプルストーリー」っていう有名ネトゲの廃人ランカーにボーダーの人が居て
その人のブログを 高校時代はよく読んでたもんだ。そんなおかげで ボーダーには若干理解があったりする。

意訳抜粋
女の人だけがなるものではない。必ず自傷行為を伴うわけではない。
また、注目を浴びるために自傷行為をすると思われがちだが、実際には助けを求めている。
遺伝やトラウマを原因として発症する。児童虐待だけが原因ではない。
CBT、DBT (認識行動学的な治療、 弁証法(対話法)による治療)による両方が有効である。
(DBTはボーダー治療で最もよく使われるらしい)
また、周りに居るやつは大目に見てやれってことをこの人は言ってますね。

自分の血にまみれながらでもいいから生きろよ雑魚かよ。
何度手首を切ろうが勝手にすればいいけど 死ぬな 他の道からの解決を模索しろ。絶対できる。
これは強制。逃げることは許さない。これは義務。絶対幸せになれる。なれ。これは命令。
産まれた時から、脳みそついてるくせに。それにはエラーを吐き出すばっかじゃなく解決する力も備わってる。
笑うための表情筋だって顔面についてるくせに。
自分は違うとでも、自分が特別だとでも思ってる?思い上がってんの?
そのままでも 生きていれば必ず良くなる 人間なんて所詮 それくらい単純なもの。お前も お前の周りに居る奴らも皆同じ。
気がついたら 忘れていて 懐かしくなってしまうくらいになるまで 生きろ。だせえ生き恥はなるべく晒すな。

俺がボーダーの人々に思っていたのは そんな感じ。
まあ 他人事だから思えることですね。追い詰めるだろうから、きっと本人の前で言っちゃいけないやつ。

コメント

非公開コメント