おベンキョ

うーん英語ある程度わかるようになってきたけど、それを使って何をどう勉強していいものか
たとえば、YoutubeでDIYの動画を見てたら電気回路や部品調達の知識が少しつく。でも何かを作りたいと思っても持ち家じゃないから好き勝手に弄れないしそもそも作りたい物がリケーブルしたDeathAdderEliteくらいしか無い。
でも心理学の動画を見てたら少しだけ知識が付く、これはいい。自己分析にもなる。
社会の事を勉強しようとしても特に歴史はまるで頭に入ってこない。いいよな、FGOとか刀剣乱舞で勉強できる人は。
近代ならともかく、中世とか古代とかそんな昔のこと無理。
まあ聞いてる洋楽の出身国とかだと割と頭に入ってくるけど。
デンマークとかポーランドなんて、CS:GOやってなかったら一生「ヨーロッパなのは分かるけどどこだよそれ」って感じだったかもな。
まあ、今もデンマークはKarriganの国、ポーランドはVPの国ってイメージだけど。
やっと俺は気づいた、映画とか音楽とかゲームや漫画でも、自分が「遊び」で触れたことのあるものじゃないと頭に入ってこないことに。
そして英語でセルフ・エデュケートっていうか自学するのは中々にしんどいもんだ。ある程度覚悟してやらんと気がついたらCSGOの動画見てる。
だから映画でも見まくろうと思って今日は欲しいものリストに観たい映画ぶち込みまくった。
この方法の弱点は言語が英語じゃない作品は観れない。
全部レアな映画だから尼プライム会員になったところで配信されないからDVD買わざるを得ない。
給料入ったらヒャッハーして引きこもるぜ。

コメント

非公開コメント