俺なりの勉強中の睡魔への対処

自分の得意分野や本当に楽しい、必要だと心から思える事に取り組んでいない場合、眠くなる。
それは体の疲労とは別問題。

■眠くならないための予防
・画面の輝度・距離を調整
目のストレッチは上下左右を各10秒くらい見るだけ。
・毎朝ダルいなら睡眠環境を見直す
寝具と室内。気密性の高い部屋なら酸素濃度も気にする。
重くなった掛け布団NG。硬くなった敷布団orスプリングベッドには敷きパッドで対応しても駄目なら廃棄。

■眠気覚まし
・寝る
勉強の退屈に脳が拒絶反応を起こしただけなら30分程度の仮眠。
アラームを使う。
「起きたらこれをする」と予定を決めておくのが良い。
アラームは布団から遠い場所においておく。
同じ場所にガムとかグミとかピーナッツとか堅いもの置いておけばついでに食って首に血を行かせる。(食いすぎると胃に行く)
目を閉じて耳栓をして体を一切動かさず石のように静止するだけでも少し回復するので(俺は)、それでも駄目なら仮眠する。
イヤーマフは耳栓より衛生的で、手早く装着できる。
枕元に読みかけの本とか単語帳を置いておく。
「布団から出るのはダルい、でも二度寝はしたくない」というビッチな思考に陥ってしまった時もそこから脳に血液を送って覚醒することができる。
とにかく何かを考えることで脳に血液が行って目が覚めるという基本メカニズム。

イヤーマフはペルターというメーカーが鉄板。安物はゴミ。
*起きたあと
・軽く顔を水で洗う。
・二桁の暗算をする、時間がかかっても間違っても構わないので必ず解く。PCの電卓機能で答え合わせして、勉強開始。
・スローに覚醒したいなら、何となくラジオをつける。テレビでも。話を聞いてるうちに勝手に目が覚める。
・ガムを噛む、板ガムなら2枚まとめて噛むか、もしくは大きめのものを1つ。スーパーソーダガムみたいな。
・体を動かす、疲労がたまると後々眠くなるので、非情に軽い運動。外歩くのが一番効く。
・ただの仮眠であっても起きたら一応何か水分を摂る。
・指先をグリグリ動かす。これ昔テレビでやってたんだけど、左右互いの指先を全て合わせてボールをホールドしているような形をつくって構える。
次に中指だけ離して互いの指がぶつからないようにくるくる回す。かなり難しいがたしかに目が覚める。
yubi.jpg
画伯すぎて伝わるか不明だけどこんな感じ。ペン回しとかルービックキューブでもいいんじゃね。
・グロいもの、怖いものを見る。衝撃・事故映像集なんかも眠気覚ましになる。俺はYoutubeで中東で米軍が戦闘してる映像とか見てる。メチャ怖いので強制的に覚醒したいなら動画が良い。

コメント

非公開コメント