アンチWikipedia

んーこのレベルになってくると「自分でどうやって勉強したらいいかわからない」という人はいないだろうけど、

http://www.businessdictionary.com/
このBusinessDictionaryとかいうサイトと
あと、Investopediaってサイトが凄く優秀なんだよなぁ
http://www.investopedia.com/

「この用語どういう意味だ?」って思って、
ビジネス用語や経済用語を英語でググると、Wikipediaがトップに出て来る事が多いけど、Wikipediaって俺には何でも長ったらしすぎるんだよ。

あと、http://www.nationsonline.org/oneworld/venezuela.htm
このサイトは、色んな国のあらましを超簡潔にまとめている。う~んまあWikipediaよりはマシだけど、
国の歴史は動画とかのほうが分かりやすい。
「ベネズエラってどこだっけ?俺、ベネズエラ出身のDJのCD持ってるけど...親米の国だと勝手に思ってた..
最近自治機能がますます低下してるっていうニュースが流れてるけど、そもそもどんな国だっけ?」
みたいになった時にはYoutubeだ。
ニュースを見ては「中東ってどうなってんの?クルド人って何なの?ウクライナってどうなってんの?ギリシャ危機って何だったの?わっかんねー」と思う人は世の中に山ほど居るからちゃんとYoutubeでは動画を作って説明する人もいる。

まあ見出したらキリが無いから政治の事はほどほどが良いのでは、と思う。
ニュース中毒なるものがあってだな... 色んな意味で自分の目で観たことを信じて他人の噂話を信じるな。

自分が好きな洋楽の出身地や、好きな音楽のジャンル、たとえばHIPHOPが好きならその歴史を辿ってみたりすれば
諸外国への関心が強まる。CDを聞くだけじゃなくインタビューやラジオやテレビ、雑誌への露出を追っかけて話している所を観るのが良いかもしれない。
ある曲が好きならその曲を作った人が好きな曲も知りたいし、歌詞が好きなら何を込めたのかも知りたいし。そこに社会問題が含まれてたら必然的にその国の知識もつくし、という暇人の極みを、
「海外文化に興味がある」と自称する人なら貪っている。
自分の好きなアーティストが住んでる国がどうにかなったら他人事じゃなくなるからな。

コメント

非公開コメント