sgareが語る~Rainは何故MirageのCTで激強なのか~


Fazeのポジショニングが非情に理屈っぽくて、ナルホドって感じです。

・Fazeが開幕Aランプに投げるモロトフはモロトフから立ち昇る煙の関係で、アグレッションピークする時にCT側が有利になります。
なるほど... これはScreaMなんかもDust2のBトンで利用可能な「スモークタクティクス」と呼んでいました。
モロトフがワンウェイスモークみたいな役割を果たします。

・RainがAランプにアグレッションをかけるとき、NikoがトリプルからAランプに不可避フラッシュを投げることもあります。
投げ方は動画の20:52に出てきます。

・Fazeの基本セットアップはRainにAランプを任せて、パレスはAWPerもしくはNikoが見るようになっています。
これによってRainはAランプにだけ集中することができ、また、RainはAランプに対してあらゆるアングルで戦うことに慣れているので、相手はRainを毎回探さなくてはなりません。

・また、Rainがトリプルに居る時はNikoがRainのためにフラッシュを投げてAランプをピーク出来るようにしています。
例えば相手がセットスモークを投げてきた後なんかにこのフラッシュを投げてあげることができればMMも楽になるのでは、と俺は思います。
投げ方は動画で出てきませんが難しくはなさそう。

・誰もパレスを見れない時は、CTから生き延びる事だけを考えながらバルコニとランプを見る、
仮に敵が出てきても決め打ちだけでガッツリ戦わない。

・MIDを取られた後のAWPはCTにシフトしてくる事が多く、そのままランプを見る事が多い。
その時Rainはアンダーバルコニーに入ってコネクターを見る。
この”よくあるパターン”を読んでいたTACOがパレスからAWPを殺してしまう、その直後にRainはサイト内に移動した。
さて、ここでSK側からすると、TACOがCTに居るAWP殺したということはAサイト内も同時にクリアしたということになる。
もちろんどこかに隠れていた可能性もあるが。
Rainはそういう「もうAサイトには居ない」という意識を利用したのかもしれない、これによってFalleNは死亡。
(個人的にアンダーバルコニーからコネクターを見るという発想が無くていつもガン隠れするしかできなかったので参考になりました)

・また、Nikoはコネクターに居る場合が多いのですが、サンドイッチでプレーする場面もありました。
GuardiaNが代わりにコネクター及びジャングルを見ます。そのかわりウィンドウを全く見てないのでMIDは見ていません。
Rainはトリプルに居るのでコネクターと戦闘してもGuardiaNがすぐカバーに入れるでしょう。
また、ランプと戦ってもNikoがすぐカバーに入れる、そんな感じの配置みたいです。
確かにトリプルの後ろとサンドイッチは相性がいいかもしれません。

コメント

非公開コメント