Demoを見る価値について真剣に考えた

最近HLTVで落としたDemoを見るようになった
例えば上手い人と一緒にやると使ったこともないアングルなんかを学ぶ機会があるけど
それと同じことがYoutubeのPOVなんかでも出来る。そう考えたらすごく生産的なんじゃないかな

しかしながらYoutubeのPOVでは味方のHPや投げ物、マップ図、スモーク位置などの情報が不足しているのが痛い。
同じPOVでもYoutubeで見るよりDemoをしっかりDLしてその人の視点にカメラを合わせながら、味方の投げ物、マップ全体図に目を配りながらやった方が学べる事は多い。
HUDスケールを予め大きくしておくと見やすい。
投げ物がどこに入るかとかもDemoじゃないと見れない事多いし。

そういうわけでHLTVのDemoを落とす価値はあると俺は結論付けた。

CTなんかは同じことを繰り返すから、学びたいことにもよるけど全ラウンド見る必要がなかったり全体的に一試合でチームがやりたいことは割とハッキリしてるから、
1時間の試合でも実際に見る時間は40分とかそこらじゃないだろうか。

たとえば「俺CTのエコでCZ買っても全然キル出来ねえんだけど...エコのときどうやりゃいいんだろう」みたいな動機がハッキリしてDemoを見てるなら
エコのシーンだけをまとめて色んなDemoを通しで見たほうが意味ありそうだし。

俺は「学ぼう、覚えよう、マネしよう、盗もう」というつもりで気合入れて見てないと
活かせそうな事が何も記憶に残らずに終わってしまうので、疲れていなくて頭がハッキリしてて、
しっかり時間が取れる時に見ないと駄目とは思った
クッソ細けえAIMの置く場所やら通り道なんかをプロはめちゃくちゃ隙が無く動いてる。
ラジオとか聞きながらやるとそれほど「今日一日Demo見てたら終わった」感は無くなるかな。

足音は、このゲームは壁とか天井とか貫通して丸聞こえになるゲームなので
https://www.youtube.com/watch?v=abFCxDk8ivc
cl_rader_always_centered 1
hud_scale 0.85
と設定すると、レーダーに映っている全ての範囲で発生した足音が聞こえるようになる、
つまり足音可聴範囲を可視化できるんですけど
まぁぼくはDemo見る時は足音はシカトしてます。プロはnoobな足音ぜんぜん立てないし。
意味のない壁にガン張り付きしてるときは足音聞こうとしてるんだろうなあ...と思うくらい。

コメント

非公開コメント