英検一級爆発事故

英検一級受けてきたけど あー本番に弱かった 手応え微妙
俺は今まで英検を 二級を1回 準一級を2回 と計3回受けたことがあるが、準一級以上の会場は必ず近所の大学になる事が分かっている。(多分)
その廊下では受験者達が緊張を和らげようと会話をしているが、そこでは必ず「本番のリスニングって頭が回らなくなる」という声が聞こえてくる。俺の中での英検あるあるネタの1つ。
しかし直前にやった模試ではリスニングで1問しか間違えなかった俺は完全にリスニングなんて余裕だと思っていた。

前半は全部あってる自信あるけど、後半は当てずっぽうでしかない。ひでえ。

試験会場によって、音響機材が異なる。
以前、立命館大学の茨木キャンパスに行ったときはBOSEのスピーカーが天井についていた。
同大学の寺の近くにあるキャンパスも備え付けスピーカーだったと思う。
今回の大和大学502講義室はアンプみたいな形した据え置き型のスピーカーだった。
教室にもグレードがあるっぽいな。
それなら、きっと一級受験者には最高の機材が用意されているわけじゃないということを思い知った。
同じ試験会場でも以前と同じ教室になるとは限らないし、一級は受験人数が少ないからスピーカーもない小さな講義室になる確率も上がる。
逆に人数がちょうどよく試験会場の大講義室の収容数に合ってると、壁や天井についたでかいスピーカーから良い音で聞こえてくるが、そんなことまで事前に調べる人は居ないだろうし、
そんなことをする暇があったら勉強するべき。
据え置きタイプは音の広がりが悪くて、効果音、環境音などが聞き取りにくいことから、
自分がその場にいるような臨場感を掴むのは難しくなり、家の高級ヘッドホンで聞いているのとはえらい違いになる。
こんどは安物スピーカーで訓練してからいくぞ。

本番では誰でも頭が真っ白になるからこそ、水泳で息継ぎをするように、意図的な集中力の再現が必要で
今まではそうして対処してきた。けど今回はもう余裕でしょーって思ってたなぁ。

これで受かってたらいいけどそこまで甘いとは思えないな。
はーリスニング9割とってたら絶対受かってるんだけどなー。
まあ結果は2月5日まで分からねーんだけど受かっててもこれは悔しいな。
次は絶対受かる。何が悪いかハッキリした。リスニング対策不足。舐めすぎてた。
次回は5回模試やってから行ってボッコボコにする。オーバーキルする。
あとライティングも普段because ofはcuz ofにするような文ばっか読んでるから真面目な文章を書いてても
ついついYou know...I mean...like...とか口語的な表現を書きたくなってウズウズしてしまった。
あと決めた もうTOEICは受けない 先に一級受かる で、次はiLETSとかやる。TOEICは嫌い。評価されようがされまいが嫌い。ペラペラなら文句ないっしょ

コメント

非公開コメント