遅いAIM

内観的?内省的?な記事なので多分誰の参考にもならないと思います。

昨日自分のデスマ動画を撮影してマジで下手くそなシーンをピックアップして何度も繰り返して確認してみたら、
俺は初弾をまるでわざと外すようにしてから2発目でやっとAIMしようとしている癖に気づいた。

で、矯正するためにどんだけ時間かかってもいいからしっかりAIMしてから、やっと初弾を撃つようにしてみた。
気づいたのはAIMは遅くてもキルするスピード自体は上がるし撃ち合いが始まってから最初の5~6発のダメージの入りも格段に良い。HS率も上がるから結果として強い。
最初CSGOをやり始めたときに”初弾は大事”とどこにでも書いてあって実践していたけど、クロスヘア合ってんのに当たんねえ現象に萎えて、スプレーでおおざっぱに倒すマンになってしまったんだな。それで1000時間くらいやっちゃってたんだろう。
まぁ、そのおかげでスプレーは割と上手くなったかな。
初心者の時ってリコイルパターンが分からなさすぎて30発撃っても一人の敵を殺せないとかザラにあったと思うけど今は
相手が当ててこないなら30発のフルオートで3人くらいは倒せる自信をもってプレーしている。あ、もちろんAKとかM4とかの話です。
かなり遠距離でも8発目以降の右にブレる時に自信をもって殺せるし、15発目くらいから大体真下に合わせれば殺せる。でも試合で15発も棒立ちで撃てるチャンスは無いのが残念、デスマ専用の撃ち方。しかも箱裏の頭一個とか殺せるほどには上手くないから役にたたねえ。
相手が当ててくる敵だと、こっちは初弾が適当なせいで5発目くらいまでの精度が悪いから、必ず削れる代わりに撃ち負けやすい糞雑魚の撃ち方。
まあ俺がリコイルマスターと呼ばれるGeT_RiGhT選手のファンだってことも影響してるか。
今の俺ならリコイルコントロールである程度、取り返しが効くから、今こそ原点に立ち返る時が来たと思う。

それにストッピングのためのキー入力を行ってからAIMをしている間に移動慣性がおさまるから、集弾性においても、
「敵をみた瞬間ストッピングと同時に撃ち始める」、撃ち方より優れている。
俺はAIMが遅いようだ。うんとこどっこいしょ、よいしょ。みたいな。
後者の撃ち方はたまにすごいラッキーなウルトラショットが出るから気持ちよくて中毒になってたんだろうな。
でも、これはAWPのフリックショットが毎回当たるわけじゃないのと同じ。アサルトライフルもそれと同じ。

ただ弱ってる敵を殺すスピードまで遅くなってしまう。まあ試合では瀕死の敵は大雑把なスプレーで殺せばいいか。
半分以上のやつは普通に狙ったほうがいいな。
また同様に、自分自身が瀕死で味方はフル、敵が設置後のテロリストで味方はM4で2on1みたいな時は、1ダメージも与える事が出来ない前に死ぬより少しでも削って味方に託したほうがヘッドショット確殺にするとか込みで、
荒っぽい撃ち方もたまに思い出さないとな。まあ自分が2発まとめてぶち込めばいいだけなんですけど位置ばれとかもろもろ考慮した場合そういうケースもごくまれにありえるっていう。
ScreaM嫌いじゃないけど1タップしようとしすぎて何もできずに死ぬみたいな状態になりたくない。
まあリコイルもまだ全然極めてないから練習は続けていかんとなぁ。今の俺は最初の3発以降は8発単位でしか認識できていないけど、
Stewieのフラグシーンとかみてると多分この人一発一発に

入魂

してるなって思うし。

リコイル上手いプロ見てると、Infernoのコイル(今は棺桶)とかAの箱裏とか頭一個の敵をスプレーで殺すとか余裕でやってるからな。

コメント

非公開コメント