DaZeDが語るCTで人数有利時の必勝法とn0thingが語るピークのタイミング


かなり前の動画ですがDaZeDが one and done spot という言葉を造語してました。誰が言い出したのか分かりませんがSteelなんかも言っています。キャスターとかは言いませんけどね。
意味としては、1キルできるけど、それだけ、逃げ道もなく位置がバレたらもう後は死んじゃうだけっていうポジション。一発屋。
CTで2on1になったら、そういったone and doneポジが全部強くなるよっていう話をしてました。
ラウンド時間なんかにもよるが、残りわずかな時間でCacheのAメインから出てきてフォークリフトの一番角とかクアッドの隅から隅まで全てをクリアする敵は確かにほとんど居ないだろう。
このアイディアを一般化することが5on4だろうが3on2だろうが同じ考え方でできるとのこと。
ただそれを説明すると2~3時間かかる動画になるから、今回はやめておくと言ってます。

もう1つ。
CTは敵が本気でサイトを取りに来た際の生存時間が大事。
もっと正確に言えば、自分が報告を入れてからの生存時間。味方のローテーション時間を稼ぐため。
早く報告することも大事ってこと、それをするためにジャンプスポットとか1ミリで見る等で早く安全なインフォの取り方が大事。
CacheのAならQuadの裏の段差とか。
逃げ道が残っているなら逃げてしまってリテイクでも構わない。MirageのAとか。
MirageのBサイトプレーヤーというとShroudやTarikなんだけどどっちも一人でかなり長い事生き延びる動きをしていてPOVを見ることを誰かがおすすめしてた。seanだっけな。

DaZeDいわくWキーを押してる時の敵が一番弱い。
CacheのAのサイトなんかだと、もうサイト内に敵が入ってしまったらもう敵は横にストレイフしてるからストッピングも早い。
でもドアから出て少しあとなんかは、前に行こうとしてWを押していたりする。そういうのを狙って、壁を使ってギリギリに同時に一人だけを相手取るようにすれば、複数キルも、長く生存することも夢じゃなくなってくる。
Bならブルーシートの前とか。

あと、CacheのBのヘッドショットからチェックするときのタイミングについて。5秒に1回くらいが目安とのこと。
理想は相手がこっちを向いていないときに顔を出す事。もちろん運が悪いと普通に撃ち合いになって死ぬ。
例えばラウンド中盤とかで、Aにも敵が居る、C4はMIDなんて時は、Bメインにも敵が居るとしても、そのBメインの敵が決意を固めたような動きで
走ってくることは少ない。ピックするためにやってくるから、足音を消しながらやってくる。
もちろんチェッカーズからピークされると無防備になるのでスモークを使えと。ただそんな毎回スモーク持っているわけでもないけど、
定期チェックに対する大まかな考え方をこの例をもって学べとDazedは言いたいんだと思う。
Bメインから入って、ちょうどサイト内にAIMを置いてる時間になるのが、目安として5秒くらいなんじゃないかという話。


長くなったのでn0thingのいつピークするかってのはまた今度で。

コメント

非公開コメント