アイ・トラッキングで見るプロの視点移動



人間の目および脳というものは24インチの映像を詳細まで一度に情報処理できるほど優れていません。
キルログを見たりレーダーを見たりHPを見たりするタイミングについて悩む時があると思います。

動画の中の、モヤモヤしたアメーバみたいなものが、Steelが見ている場所です。
かなり見にくいですが頑張ってください。大体AIMとレーダーとキルログのところを行き来しています。
壁に隠れたりリロード時は確実に見ています。



ちなみにアイ・トラッキングデバイスは2万円くらいです。SteelSeriesとかも出してます。日本でもAmazonで普通に売ってます。
俺はペーパーマンというゲームに慣れすぎたせいで逆にレーダーを見すぎて死ぬレベルなので、今度買おうと思います。。。
ペーパーマンはレーダーが異常に高性能なゲームだったので本当に常にレーダーに注意を払ってるレベルでした。

本来は視点を動かすだけでボタンをクリック出来るようになるといった入力を補助して生産性の向上を図るデバイスでしたが、eSportsの世界でもたまにこうやって利用されています。

ちなみに...わざわざアイトラッキングデバイスを買わなくても、webカメラを持っている人はモニターの上につけて、
自分のプレー中の顔を真正面からドアップで撮影してみましょう。レーダーを見たり、キルログを見る時に同じ場所に目が行くので、
自分がいつレーダーを見ているか、不適切なタイミングで視点移動を行っていないかということは、確認することができます。
しかし、アイトラッキングデバイスのほうが便利で正確です。

コメント

非公開コメント