振り向き18㎝から36㎝へ

これは俺の体験です ローセンシやってみたいけど遅すぎて無理って人の参考になるかも?しれません。

ローセンシのほうが一概に強いというわけではありません、s1mpleとかハイセンシです。400DPI 3.1だったかな。

最近CSGOで行き詰まりを感じたので18㎝から36㎝に落としました。400DPI sensitivity 1.4です。今CSGO界で最強のAIMerの一人と言われるNikoがこの感度なのでどんなもんかと思い試してみました。
最初は遅すぎて無理だと思いましたが、2.8から2.5、2.3、2.1、1.9という具合に30分毎くらいのペースで少しずつ落としてFFAデスマッチをやりました。

KZ、Bhop server、デスマッチといったマウス操作を激しく行うモード、
また、osu!などの音ゲーも比較的ローセンシ(画面の端から端まで22㎝程度)で行ったおかげか、2週間もかからず、AIMの動きが2.1くらいでやっていたときと変わらなくなりました。良いとこどりできたような気がする。

ローセンシのメリットは、撃ち合いが強い。
AWPも当たるようになった。でもdrakenみたいな超速AWPフリックは物理的に無理です。でも外れにくい。

最初は腕が疲れるなぁと思いました、確かに少し疲れます。それも慣れました。
俺の筋力は全身、多分日本人の平均程度です。全く運動しないわけじゃないです。椅子に足のせて腕立て60回とか週2回やってますが鍛えてるわけじゃなく健康増進目的です。仕事が座りっぱなんで。
それでもローセンシで1日中CSGOぶっ続けでやろうと思えばできます ただ日常全く運動しない人はローセンシまじでしんどいと思います。
運動しすぎて筋肉痛の翌日とかローセンシだと糞AIMになりました。

筋力は最低限あるけど、ローセンシ疲れて無理って人は、力んでいる可能性があります。姿勢が悪いとか、椅子の高さとかも大事だし、
ハイセンシで摘み持ちとかだとどうしても指先に力がこもるだろうし。ちなみに俺はかぶせと摘みの中間みたいな感じです。

悪いところは...でかいマウスパッドが俺の場合は必要だった。幅40㎝くらいの普通のLサイズマウスパッドじゃ足りません。
もちろん同じローセンシでも幅40㎝のマウスパッドでやってる人がほとんどです。でも俺は何故かむりでした。
幅90㎝あるXLサイズのマウスパッドと、テンキーレスキーボードが必要でした。マウス持ち上げるの嫌いなんだよな。
あとはお互いに視界の端に捉えたような至近距離の遭遇戦で反応速度の差が出るような。
たまにデスマやってて同じリスポン地点にスポーンしてきた敵がゼロ距離で自分の周りをぐるぐる回ったりしたら追えない。
あとはケーブルがたくさん机の上にある関係上、ケーブルが硬いマウスはやりにくい気がしました。

コメント

非公開コメント