反復とエゴ

これはチームの話だけど
特にCTを安定させるのは何度も経験を積むことが大事とのことで
Dust2が競技マップに再び追加された時期が悪かったという議論の結論として、
この反復的に試合やチーム練習をすることでCTを硬くするが大事なのにそのための時間が無いという話をSteel(NAの方)なんかもしていた。
たとえばアメリカのTier1の各チームの選手をランダムに集めた5人で即席で、Tier2のプロチームと試合をしたとすると、
Tier2以下とはいえ、チーム練習をしているほうが勝つ確率が濃厚らしい。

話は変わってアマチュアのT側でよくあるのが良い戦略を思いついても上手くいかない時、相手のグレを釣っていない事。
複雑なセットプレーであるほど、スモークが3個も4個も必要になる。
でもCTはそれを止めるのにモロトフの1個もあれば十分というマップが多い。(InfeやMirageとか。)
3個も4個もモクが飛んで来たら絶対に投げてくる。
グレを釣るにはこっちがモクを使うという手もある。
1つのセットプレーを2つに分けるという少し特殊なやり方もある。
4つのスモークを2回に分けて投げる。最初に投げた2つが切れる前に残り2つを投げて4つが持続している中で必ずサイトを取る。
このように基本的に複雑なセットプレーは相手の資金を細かく予想し、投げものの数までおおよそ把握している時でないと、いきなり成功するのは難しい。Tier3とかのプロとTier1のプロチームの決定的な差が相手の資金を細かく計算できているかどうかだそうで。

あとはAK持ちがアンチエコで単独行動、距離が稼げるところならいいが狭いところを一人でいくとかダメ、だそうで。なるほど。

あとは、この前coldzeraのグラフを作っていたcoldzera.png
mauisnakeはTier3とか4のアメリカのプロチームの選手だけどこの人がエゴについて語っていた。
自分が上手いと思い込みすぎると、学習する効率が落ちる。トッププロでさえCSで毎日新しい発見をしていることを忘れてはいけないと。

コメント

非公開コメント