Laundersの好きなInfeの作戦 A包み

A wrapping

NRGの動画だかでLaundersの一番好きなAの攻め方だとか言ってた
それを聞いて「わかる!俺も!」って思ったから記事にした。

Arch3 Short1 Aps1
まあこれだけで何となくイメージできると思うけど、 archの3人はcubbyを燃やしてコネクターとライブラリにモクたいて、フラッシュたいてアーチまで取る
次にアパートの人が煙突越しのフラッシュを投げてピットの奴をブラインドにしてからサイトを本格的に取る。
もしその直前にバックサイト(モトあたり)からCTがアーチをのぞいてきたらアパート(ホール)からトレードする。
基本的に、サイトを取るのはアーチの3人の役割で残り2人はバックアップ トレード要因。
この作戦の弱点は、アーチの味方が倒されたところで、計画通りにホールの人がピークしたら、グレーブに居ましたみたいな感じ。
グレーブのあの頭一個のアングルだけはホールの人やAショの人と一対一になってしまいやすい。
あと、やはりモトの敵がピットの仲間からフラッシュをもらってピークしてくると、
素人が投げた適当なフラッシュでもほぼ不可避FBになる都合上、非常に強く、容易に2人持っていってしまうこともある。
他にもモクを抜けてくるとかいろいろなパターンが考えられる。やはりCTサイドだから。

またT字を取ってからサイトを取るまでずっと背後がガラ空きになる。
ラウンド序盤にbananaを取るのに投げものを使いすぎるとこの作戦は上手くいかないし、
逆にそこでケチりすぎてbananaをラークされて背後からズドンされるのもつらいような気もする

んだけど、崩壊するパターンは多いとはいえ、波状攻撃のように1打2打と手を打っていく攻め方は、
「とりあえず全員ショート、ピットの奴もサイトの奴もバックサイトの奴もバルコニーの奴も何とかなるやろ多分」
よりかは誰が何をするかが事前にハッキリしているという点が圧倒的に優れている。
同時に同じ事しようとする事が少なくなると思うし射線も被らない、設置後の配置も良い。

コメント

非公開コメント