Seangaresが語るカウンターデフォルト

更新遅くて申し訳

「カウンターデフォルト」 という言葉が出てきたわけではないけど、意訳。
「アンチストラット」とコメント欄では呼んでる人も居た。
世界トップチームはこんなふうに相手の作戦を綺麗にカウンターするらしい。Tier2以下にはできないことだと。

T側が展開する一般的なデフォルトは一連の動きの予想が非常に容易。
どこに投げ物が飛んでくるか、分かっている。CacheのMIDならサンドバッグとか、Zとか。
なのでそれを利用して、こっちも同じように、予め計画しておいた作戦でもってして、それをカウンターしてやろうというのがカウンターデフォルト。
「罠」ともseangareは呼んでいる。

CacheのMIDでいうと、白箱からベント下に焼夷グレを完璧に投げることができる。
また、同じ白箱からブーストにも入れることができる。 (1:20)
このMIDのカウンターデフォルトは、白箱2、土嚢1という配置。
MID取りを相手が多用してくる場合、上の2つの火炎瓶を使って更に背後にフラッシュでも使おうものなら土嚢の人がブーストに対してフリーキルを取れるのは、確かに想像に難くない。
鍵はブーストとVent下に対する2つ目と3つ目の焼夷グレのタイミングかな。1個めは開幕で普通に投げるだけだし。

他にはたとえば、TがCacheでBメインからチェッカーを取る時にTが投げてくる、チェッカーVent下くらいに入るモロトフがある。
あれはもう多くの人が知っていて、非常によく使われるようになったモロトフ。
その前後のTの流れ、Tの狙いとしては、まずBメインをスモークでふさいでAWPerの視界を塞いでモロトフでチェッカーから顔を出せないようにしてから木箱をクリア、
チェッカーにフラッシュを入れて、箱裏にネードを入れてチェッカーまで、まず取ります。
その次にモロトフある人がいたら、チェッカーからサイトのデフォルトやトリプルを投げ方次第でノーリスク、サンルームからの面倒くさい投げ方無しでサイト内を綺麗に燃やせます、あとはサイトを潰しますみたいな。
この流れを、Tのチェッカーに入るモロトフをスモークでワンウェイになるような塩梅で消化することでキャンセルしてしまう、というseangareが提案する何ともえげつないワンウェイモク作戦。
これもカウンターデフォルトの1つ。

他にAに攻めて来る気配があった瞬間、(たとえばAメインからフォークリフトにモクが来た時など)
QuadからAメインに対して顔を出さずに炊くスモークでAメインを塞ぎ、(2:30)
そのままQuadから”フォーク”に焼夷グレを投げる。
この時の角度が割と絶妙で、Tはフォークに入れなくなるけど、2人目のCTのプレーヤーは立ち上る火炎で身を隠しながら、Tが予想していないフォークから顔をだすことができるというもの。
”まさか敵さんも自分の味方が居るところに焼夷グレ投げてこねえだろ、”とテロリストが考えるのを利用しているっぽい。

あとはBヘブンからBメインの出口をスモークするってやつ。
すでに敵がサイト内に入っていたら無理だけど、まだチェッカーでウロウロしていて、
ラウンド終盤でもう絶対Bってときにこれが入ると、自分はヘブンの足場を通ってダンボールの前まで行くというプレーも
T側は予想しにくいので強いとか。

そういや最近野良やってたら、Zから壁抜きでMIDのcubbyの出口撃たれまくって抜かれまくりました
強いですあれ ブーストから降りてくぼみ(cubby)から出ようとしたら壁抜きされて死ぬんすよ
早速顔真っ赤になってDemo見て盗みました 今度このブログにも載せますが自分でもすぐ出来るようになるような簡単なものです

コメント

非公開コメント