compLexity相手にRating1.59を取った漢~mauisnake本人が語る~

■ぼちぼちこのブログでも紹介しているmauisnkae氏
氏によるcoldzeraの分析
氏が語る燃え尽き症候群

氏は合計プレー時間3600時間程度であるにもかかわらず8000時間を越えているようなチームメイト達と同等以上のパフォーマンスを発揮しているAZIOというチームのIGL兼AWPerである。
長い動画なので3点だけ抜粋した。


①メンタルを管理
氏が所属するAZIOゲーミングに比べるとcompLextiyは遥か格上。
そこでIGLでもある氏は開幕T側ピストルの作戦を「ラッシュ」にした。FaZeと同じプロトコルを踏襲し、セカンド1、ミッド4。
これはもしも成立させることが難しい複雑な作戦をとって1分45秒の間、じわじわとなぶり殺されるようになってしまい、メンタルがやられるより、
ラッシュであればすぐに気持ちの切り替えが出来るからという根拠による。

②開幕ストレイフAWPピーク
IGLでありAWPerでもある氏はストレイフジャンプで開幕いきなり加速しcoLのAWPの予想を越えた角度でピークしたことでAWPデュエルに勝利する。
ちなみに俺もやってみたけど簡単。T側から見てT字の左側に顔出してくるとこに置く。CT側は通過することも難しいが外すと終わりそう。

③CT時開幕インフォゲット
T字をジャンプで横切り、相手がTベースからMIDにすぐ出てくるタイプの敵なのかどうかを視認する。
もし出てくるタイプの敵なら、次のラウンドから開幕HEグレネードを入れれば高確率で大ダメージを与えることができる。

④CT側、アパートアグレッション
Aアパート最速にリスポンした時のみ使える技だが普通にAアパートの階段を降りてピークしてしまうのである。この際氏は念の為バックアップ要員の味方を連れている。これはkennysとboddyが以前g2でやっていたのと似ている。

あとは地味なところだがCTショート側から屋根越しフラッシュからのピークであっさり盲目にしてShazamをやってしまうところなど色々あるが
長くなるので割愛 coL側もミスが多く、一般化して応用できそうな技術は上に書いたものくらいかと。

コメント

非公開コメント