IPSモニターでCSGO

今までASUS ROG SWIFT PG258Q っていう8万近くしたモニター使ってたんですけどね

244hzなので超ヌルヌルで良かったんですけどね やっぱ色が白っぽい気がしてたんですよね
ゲーミング を冠してるモニターって暗いところに居る敵もよく見える(笑) という触れ込みのために無駄に黒色が明るいことが多いんですが
アリガタ迷惑なんですよね そういうのはゲーム内やPCの設定で出来るので...

で、同じASUSのVZ239HR っていう1万3千円しかしない、ゲーミングではないIPSモニターを買ったんですよね
これはゲーム以外で画像とか見る時に綺麗にみたいなぁって感じで買ったので、リフレッシュレートも60hzしかありません。

でも試しにVZ239HRでCSGOしてみたら、見える!敵が見える!!!(驚愕)
色がとても鮮やかなので、敵を認識するまでが早いです。

これがPG258Qだと244hz+Gsyncなので当然ぬるぬるなのですが、敵の見落としがかなりありました。
あと、クロスヘアのdraw_outline(縁取り)属性を1にするか、cl_crosshairthickness(分厚さ)を1以上、つまり2ピクセル以上にしていないと、明るいマップでは明るい色のクロスヘアが白飛びして見ることができませんでした。
thickness 0.5だとsizeを最低でも3にしないと安定しませんでした。
でも今は明るいマップで水色とか使ってても問題なく視認できます。
もう244hzモニターだろうがパネルがTNである限りいらねえ。 いや、まじでもう60hzでゲームやってますしもう244hz使うことないでしょう。
昔は一応nvidiaフリースタイルとかも使ってたんですけどね 工夫するのがめんどい、結局のところやっぱりあまり変わらないと思って弄らなくなりました。
こんなバカな買い物は万人にはおすすめできません。
色覚には個人差がありますし、俺は軽い色盲です。
普通はゲーミングモニターでやりたいと思うでしょうし。金をドブに捨てたい人だけトライしてみてください。
あと本当に絵を綺麗に見たいならEIZOとかの高いのだとマジ本物がそこにあるみたいに綺麗に見えるんですが、
こういう1万3千円のIPSなんてTNより少しマシ程度のものです。俺には必要にして十分でした。

まぁEIZOがIPSで144hzだか疑似244hzを出してたので
今度買うならそういうのでしょうね。

コメント

非公開コメント