元ニートの独白と人生

若い頃にやってたのは、アフィリエイトですよねwwやっぱりww
20歳くらいのころ、エロ動画をまとめた、エロ動画サイトを作ってました。
違法性はないです。誠実なコンテンツ作りで、お客さんを集めました。
オナホなどの広告もレビューつきで出してたので、まぁ半年くらいの間でしたが、月に1000円くらいは儲かってました。毎月増えていきました。
でかいサイトにする自信もありました。でも同時に、人としていいのか?俺20歳でこんなことやってていのか?っていうすげー不安がありました。
それと、ある日、他のサイトの運営者からの恫喝みたいなメールが届いたりして、怖くなったのと、さすがに人としてやべーなって感じでやめました。
まっとうに生きていこうとw


あとは小説家になろうとしてたことがあります。
昔、MMORPGで若い女や、10歳の男子小学生とかを演じて、悪い男や女を釣って、出会い厨を晒すのを趣味にしてました。
その時の体験をそのまま小説にしたところ、FC2小説というサービスで3ヶ月間くらい人気1位でした。
それで調子にのって小説家になれるんじゃね?wwと勘違いしてしまいました。
ただ、ノンフィクションなので面白かっただけで、俺が考えたファンタジー小説とかはつまらなくて一切人気が出ませんでした。
今でもたまにストレス解消に小説とか書きますが、さすがにもうそれで金稼ごうとかは思ってません。


あとは某MMORPGで転売や販売代行などの市場活動を行っていました。
CSGOでいったらスキンの転売とかトレードと同じです。
俺はゲーム内アイテムの相場が分からない人に代わって販売代行をしたり、
合併店舗を提案したりして紹介料を得たり、人間関係を築いて買い占め厨の牽制をしたり、いわゆる先物取引などを行ってました。
悪いことはしてなかったのですが、良い人ぶってる本当は悪い奴の悪事を暴いたりしました。

そのテクニックを買われ、変なやつと仲良くなりました。そいつはリアルで土地を転がす仕事をしているらしく、「お前なら俺の片腕になれる、ニートをやめて俺の仕事を手伝え、家とかも手配してやる」と仕事に誘われました。
俺は大阪でそいつは岡山に住んでいたのですが、仲良くなり、スカイプで話す仲になりました。
ただ、後から知ったのですがそいつは地上げをやっているヤクザで、まぁヤクザだったので、縁は切ることにしました。
しかも岡山で地上げって嘘くせえってのがありました。そいつのリアル友達のカタギの人(自他ともに認める霊能者らしい)が、あいつヤクザだよ?聴いてないの?って言われて発覚しました。
ヤクザとか気持ち悪いんですよねー、そいつも自分で自分のことを仁義のあるかっこいいヤクザだみたいなこと自分で言ってて寒かったんですよね。。ごめんね。。
まぁかっこいいかっこ悪い以前に、ヤクザと付き合うことにデメリットしかないんですよ、縋り付いてるほうがバカじゃねえのっていう。
当時はヤクザにめちゃくちゃビビってそのネトゲ自体やめましたねww

その話はともかく、ネトゲでのバーチャルなものとはいえ、市場活動や販売ノウハウが面白いと思い、
現在でもAmazonやebay、楽天やYahooなどのECサイト運営に興味があります。
今の俺は自分が食っていくだけでやっとですが余裕ができたら道楽がてら、必ずやりたいと思っていることの1つです。

CSGOで出来る知り合いって10代20代ばっかりだと思うんですよね。
俺は自分より年上とか、違う人生経験がある人と話すのが好きで、MMORPGでは色んな人と仲良くなって
人生の見識が広がったと思いますが、CSGOしかやったことない人はそれがなさそうで、なんか、もったいないなーと思います。

年上の人って上から目線で基本的にうざいと思うんですけど10代のときの俺はコミュ障がかなりマシというか、相手を警戒しない、というより相手をナメている、超バカだったので、逆にそれで色んな人と仲良くなれました。
MMORPGの課金廃人って当たり前だけどお金持ち多いんですよね。
俺が「皆お金あっていいなー、俺なんてニートだよ」っていう決り文句から始まって、
「いやいやお金なんてあっても仕方ないよ」って会話になって、人生の話にいつもなるんですよね。
まぁその時の話を、今後このブログで書こうと思います。

コメント

非公開コメント