高ping環境での戦い方について考えてみた

まだまだ考え中なんだけど。

高pingだと、立ち回りにコツがいる。普通にやってると辛い。
今は、時々「あ、これ高pingのおかげで有利だったな。」「あ、今のは高pingのせいで死んだな」ってぼんやりと分かる。

以下、選択肢

①相手の想定を越えるくらい基地外の猪のように突っ込みまくって意表を突き続けて、ピーカー有利(※1)を利用する。

②相手の居る場所が分かっていて、その相手が体や頭を出しているであろうとき、
AWP、ショットガン、D.E、スカウトなど瞬殺が期待できる武器で素早くピークするとマジで有利。相手からしたら、遅延のおかげで何も見えないままいきなり死ぬ。(お互いに5pingならそうはいかない。)
ゆっくりスコープ覗きながら出ると、相手も移動している場合お互いにピーカー有利となり、打ち消し合って、相手が有利になる。
なので壁に隠れて、加速してピョコッと飛び出すのがオールマイティ。

相手が隠れていて、俺の場所を知ってる時は、そこにAIMを置いて待つとやばい。ピーカー有利(※1)を使われて、逆に殺される。
そういう時は、こちらも障害物から一定の時間サイクルでチラッとピークする。
「角にAIM置いてホールド」ってのはFPSゲームとして王道だし、ついやりたくなってしまうが、高PINGじゃ無理。
ただし、相手がクリアリングしてこないであろう角や、オフアングルであれば、あとはAWP持ってるならOK。
ただし日本MMサバに80pingの外人とか居る場合は、その外人のピーカー有利はマジでエグいので気をつるべし。

③ベイトする。coldzeraも真っ青なくらい。




※1ピーカーズ・アドバンテージとhigh-ping環境

俺も完全には理解してないかもしれないけど。
high-pingプレイヤーは基本的に、全てにおいて不利だが、その例外の1つがピーカーズ・アドバンテージ。(ピーカー有利の法則)
ネットワークの仕様により、待っている相手に対してピークしたほうが相手を早く視認できる。
基本的に残像を撃ち合ってる

国内サバなら誤差みたいなもんだけど70pingくらいからほんとひどい。全然違う。
相手にピークされたら負ける、こっちがピークしたら勝つ、ってレベル。もちろん全体的に低pingのほうがずっと有利。
国内のMMとかで、自分が低pingで、相手が80pingとかいう状況なら
曲がり角で待っている敵に対して雑にMP9撃ちながらぶっ殺したりするシーン相手からすると最初の4発くらい体にモロに食らってからやっと敵を認識できるレベル。
敵は「敵が見えたら撃とう...」と意気込んでAIMを置いているわけですが高ping環境で「FPSの基本」は足かせにすらなるのです。

まあでもMMでチーターと一緒にやるよりは遥かにマシですね。
所詮どっちも糞なんですが
CSGOマジきついっすね!ここ数日5Eやりまくって思ったけど、やっぱ俺は海外シーン観戦メインでいきますわ^^;

要は楽しむ気持ちですね 5Eをガチでとかじゃなくてまったりやる分には物凄く楽しい。今日も何度も試合中に可笑しいことが起きて大笑いした。

コメント

非公開コメント