オーディオデバイスは贅沢品と実用品の境が1万円前後

ということが何となく分かっている人はこの記事に書いてることは全て既知だと思います。

・ヘッドセット
ゼンハイザー GAME ZERO 2万7千円
HyperX Cloud II 1万2千円(発売当時)
HyperX stinger core 5000円
Razer kraken v2 7000円

・サウンドカード
ONKYO SE-200PCI 当時2万円
ゼンハイザー GSX1000 2万3千円

などなど買ってきました。結論から書くと、CSGOというこの世で最も音にシビアだと思われるゲームですが、
ぶっちゃけHyperX Cloud II でいいです。ただし頭がデカイ人はダメです。あとマイク性能も良くないので小さい声でしか話せない人も微妙だと思います。

個人の感想ですが、CloudIIと、ゼンハイザーのGAMEZEROで、ゲームにおける優位性に差はないです。

* GAMEZEROはUSB接続ではない=サウンドカードやオーディオプロセッサが無いと宝の持ち腐れ *
なので、コスパの差は思ってるよりデカイです。

なので、コスパ的にも元々サウンドカード持っていない人にはCloud II が良いと思います。
ただ音にかなり癖があり、いわゆるドンシャリっていうか、高温がザラザラしてて気持ち悪くて音楽はあまり満足できないですね。ゲームはいいです。

音楽を聞く人は音楽鑑賞用のちゃんとしたヘッドホンを買うしかないと思います。現状、音楽とゲームを両立しているヘッドセットは無いです。
ゼンハイザーですら、やっぱ味付けがゲーム寄りな感じで、高価格の内訳としては、定位感とマイク性能が主だと思います。
定位とマイク性能はマジでゼンハイザー圧倒的で、特に定位感はリアル7.1CHサラウンドのRazer tiamat(確か発売当時2~3万円くらいする)のヘッドセット使ってた友人が試してみたら「めっちゃ凄いなこれ」とびっくりしてました。
なので、音の解像度とか味付けのところにコストがかかっているわけではないです。
それでもまあ5000~1万円前後のヘッドホンくらいの音は鳴ってる気がしますがウットリ出来る程神音質ってわけでは決してないです、もちろん。

コメント

非公開コメント