プレステ等からPC版のFPSゲームへ移行する人へ

graph.png

これは、俺の体験を基にした、かなり雑なグラフです。
何が言いたいのかというと、最初の100~1000時間くらいを乗り切れば楽になるから頑張ったほうがいいですよ、ってことです。
CSGOなどの異常に難しいゲームは基礎を身に着けるだけで1000~2000時間ほどかかると思いますが
その他のゲームなら数百時間で大体身につくタイトルも多いです。基礎ができれば色んな対戦FPSゲームが出来ます。

コントローラーをゴリ押しし続ける人も居ますが、
中には、せっかく鍛えたコントローラーの技術を捨てて、あえて修羅の道を行き、キーマウでも天下をとってやるっていう凄い人もいます。
そういう人のために書きます。
CSGOのプロでも、元々コントローラーでやってた人は少なくありません。

マウスとキーボードに完全移行する人は、最初は辛いかもしれませんが、
自分が思っているよりも早くきっと上達できると思います。
俺も初めてキーマウでFPSをやったときは、やりにくい!慣れない!コントローラーのほうがいい!絶対できねえ!と思いましたが、
ボコボコにされながらもめげずに毎日やっていると、一週間後、自分が思っているよりもずっと早く上達してることに気づきました。
人間の脳って凄いんです。大嫌いなことでも、やってれば上手くなるんです。そして好きにもなる。

ただしまともなPC、まともなデバイスを揃えるのが先。
60fpsとかでいくらやっても上達しません。

1ヶ月もたてばそれなりに自信がついてきて、3ヶ月後はもう初心者ではなくなりました。自分はそこから何年も停滞している感じですが。
多分、今からPC版でFPSをやる、という人でも才能がある人なら3ヶ月で俺を追い抜くことも可能だと思います。

「マウスとか絶対ムリ!」と言ってる人はコントローラーでやるのと感覚の違いなどに面食らってしまって、戸惑いを覚えて、拒絶反応を起こしてしまっていると思います。
それかパソコン自体に苦手意識がある人もいるでしょう。
基本的に、机を前にしてやらなければならないのも違いです。
机に向かっていると勉強しているみたいで落ち着かない気分もわかります。10年以上FPSやってる俺ですら未だに思います。
ちゃぶ台やコタツ、はたまたベッドに寝転がりながら(うつ伏せ)PC版FPSをやってメチャクチャ強いひともいます。スタイルは自由です。
キーボードにはたくさんのボタンがついていますがゲームで使うのはごく一部、アルファベットを打てる必要もありません。

パソコンのことなど全く詳しくない、文字を撃つのもものすごく遅い人でもPCのFPSゲームがめちゃくちゃ上手い人は普通に居ます。
パソコンに詳しい人だけがパソコン版のFPSをしているわけではありません。
リアルではホストをやっているとか自動車を暴走族みたいに改造するのが好きなヤンキーとかもPCのFPSをやっています。
変な偏見や、「自分の居場所ではなさそう」みたいなイメージを持つ必要はありません。十人十色、色んな人達が居て、
あなたと似たような人も確実にPC版の世界にも居ます。

あと、コンシューマ版とPC版ですと、キャラの操作の自由度に大きな違いがあり、
特にApexLegendsやPUBGなどのトッププロの動きを見ていると、コントローラですと物理的に不可能な動きをしているので
「うわぁ、PC版ってこんな化け物がいるんだ。レベル高いなー。コンシューマに甘えてた私じゃ絶対追いつけないぽよ。。。」
みたいに勘違いしてしまうかもしれませんが、
ぶっちゃけ動きに関しては誰でもまともなデバイスと考える頭があれば数百時間とかやれば誰でも身につきます。
PC版Apexのトッププロの人外みたいな「屋根から回転しながら落下して着地と同時に振り向きざまにクレーバーで近距離ヘッドショット決めて、細い手すりにバニホで乗ってそのままストレイフジャンプで飛んで逃げていく」
みたいな動きも正直、配信の良いところを切り取っているだけで、Youtubeで動画を作るために何度も失敗してやっと成功したのを上げてるだけですし、
あと、どうしてもコントローラーでやってる人は、ゲームの解釈自体がコントローラーの経験を通じて行ってしまう関係上、
余計にPC版のプレーが上手く見えてしまうのだと思います。
多分コントローラーでストレイフ自体ができないので。
つまりキャラ操作の、着想そのものが違うのです。
キーマウでやるようになれば、キャラの操作の自由度が増えるので、敵が複数周りにいるような極限状況で、
今はApexの海外トッププロを見ても「こういう動きをしようという発想すら沸かない」という感想でしょうが、
キーマウに慣れてくると「なるほどね」みたいな感じに変わってきます。
最初は歩くことすらおぼつかず、絶対PCの才能ねーわって思うかもしれませんが、最終的に、キャラクターが自分の手足の一部かのように自由に動くようになります。その楽しさはコンシューマ版では絶対に味わえない部分です。
このキャラ操作の部分に関しては才能の影響を受けにくいところです。しかもそれは、たったの数百時間で手に入ります。
才能の影響を受けるのは純粋なAIM力、撃ち合いの強さ、状況判断や行動選択です。

コンシューマ版で築き上げてきた誇りやプライド、自負心などがある人もいるでしょう。
その技術を全て捨てることには決してなりません。
冷静な判断力、目配り、心理戦の駆け引きなど、AIM時の目付け、集中力、胆、コミュニケーション能力など、全てPC版に通じます。
最初の最初だけは全く通用せず初心者のような気持ちを味わうかもしれませんが、コンシューマ版で結果を残してきた人なら、
すぐに無意識のうちにマスターしている駆け引きの上手さや心理戦の強さをもって下剋上することが可能でしょう。

「マウスでAIMするほうがコントローラーより簡単なはず」という思い込みがあると
30発全弾外すとかいうミスをしたときに、自分にはPC版の才能がないと勘違いするかもしれませんが、
まず一概にマウスのほうがAIMが簡単だとは言えません。
感度などが自分に合っていないとクソAIMを連発しても普通です。しょうがないものだと割り切り、
才能があるとか無いとかっていうのは、長いこと続けてみてやっと分かってくるものであって、
このグラフは途中からビョーンって伸びてるだけですが実際には山あり谷ありで、突然急上昇する人だっていることを忘れてはいけません。

PC版でも試合中の報告が下手な人、AIMや動きはよくてもなんか頭が悪い人、同じことばかり繰り返しがちな人なんかがいます。
あなたの才能で、調子に乗っているPCプレーヤーをコテンパンにのしたいとは思いませんか?
それか、プレステ版で才能が伸びなかった人、もしかしたらPC版の才能があるかもしれないと思いませんか?
さあ、誰が本当に強いのかわからせにきてください。

高いように見えている壁は、乗り越えようと足を一歩かけてみたら、途端に低く感じる。
PC系FPSの壁は、コケオドシのハリボテです。

コメント

非公開コメント