元NiPコーチPitaの告発

https://www.dbltap.com/posts/pita-csgo-draken-nip-dennis-01e8sztymzcj
DBLTAPの記事を翻訳っていうか内容を噛み砕いて俺が説明w

長いから短く書けって人には~~~~
短くまとめると
・チームメイトとコーチの反対を無視してXiztキック
・コーチの反対を無視してIGL経験のないDennisにIGLを任せた(その後DennisはIGLをやはりやめたいと言い出した)
・そしてIGL不在になったところに自分から名乗りを上げてくれたLekr0に責任を全て押し付けてる←今ここ
~~~~~~~~~~~~~~~~

翻訳っぽく詳しく書くと以下の通り。

PitaがNiPコーチとして採用されたとき、CEOらからメンバーの決定権が与えられると言われた。
その時ついでにdennisをどう思うかと聞かれ、優れたプレーヤーだと思うと答えたが、誰の代わりにするつもりかと聞くとはぐらかされた。

後日、XiztのキックをCEOが提案してきたときPitaは反対したが聞き入れてもらえなかった。
それからNiPのCEO陣を信じる事ができなくなった。
代わりにdennisがIGLをやる事になったがdennisはIGL経験が無かったが、採用された際に「はい、IGL頑張ります」と答えたに過ぎなかった。
でもCEOらは「dennisにIGL出来るから大丈夫だって」と言ってpitaの意見を無視した。

Pitaは今まで火力の足りないIGLを蹴ることで失敗してきたチームを数多く個人的にも見てきたし、プロシーンを見てもそれは傾向として存在していると、CEOらに主張したが無駄だった。
(インタビュー中では名前を出してなかったけどKarrigan、AleksisBなどのことを言ってると思う)

Pitaは過去にIGL経験のない人が「頑張ってやる」と言って音を上げるパターンも何度も見てきていたので不安もあった。

Xiztのキックは数名のチームメイトを混乱させた。(おそらくGTRとf0rest)
それをPitaがなだめて、dennisのIGLをチームメイトが受け入れるようにメンタル的にセットアップさせた。


一旦dennisの話は置いて、drakenの話に移る。

drakenが蹴られた理由は、練習に常に何度も遅刻したり、自分は天才のロックスターみたいな振る舞いを続けているといった
アンプロフェッショナルな行動が1つ、
またもう1つ、練習でしたことと試合中の行動が全く違い、チームはそんなdrakenと一緒にプレーすることが困難だった。
遅刻のせいで他のメンバーも時間通りに来る意味がなくなった。
リアルで付き合いを続けていきたい魅力的な性格をしているが(訳者(俺)からの注意:おそらくこの部分は一時期drakenの性格が悪いとコミュニティで言われてた事に対する返答)
チームメイトとしては悪夢だった。スポーツメンタリストなどの努力もあり、一定の改善はあったがdrakenは完全には良くならなかった。

その後、drakenはdennisが燃え尽き症候群になったとき一度スタンドインしたが、その時もNiPに再加入することはないと明確に伝えた。
pitaはdrakenをNiPに戻したかったけど、他にもFlushaとか色々候補が居たが、結局そのいずれもそれぞれの理由があってNiPに入ることはなく、チーム内でdraken再加入を快く思わない人も居たので、
スタンドインすることについてチームメイトをなだめる必要があり、再加入は無かった。


で、また話がdennisに戻るんだけど、何で燃え尽き症候群になったかっていうと

dennisはESL cologneで、1ラウンドの作戦をコールするのに、タイムアウトを4連続で使い、やっとコールした。
dennisはIGLをやってみてやっぱり難しいと感じて、Pitaの思ったとおり、IGLをやめたいと言い出した。
試合に行くための飛行機に乗るための空港でpitaに突然dennisから電話をかけてきて「燃え尽きたので行けない」と言われてWESGは行けなかった。

NiPはIGLが居なくなり途方に暮れていた。
ある日突然IGLとして雇ったわけではないはずのLekr0が
「フラグ数が減ってしまうかもしれないのも我慢して、チームを救うために自分がIGLをやる」
と名乗りを上げてくれた。それはLekr0の懐の深さを示している。
誰でもLekr0と対面で話せば彼の性格がよく分かるはずだ。

そしてチームは少し復活し、最悪な状況から、良くも悪くもないところまで浮上した。
しかしそこで新たなチームの内的な問題が発生した。
dennisは典型的なバルカン出身者(バルカン半島ではなくスウェーデンの地方名のようです)の振る舞い(自分の気持ちを忌憚なく口に出し、怒りを表現することを躊躇わない)をしており、それ自体は問題のないことなのだが、
NiPの雰囲気に合っていなかったので、彼の振る舞い方を修正する必要がありその期間が8~9ヶ月ほどあった。

今回のLekr0のキックの話も、そもそもLekr0がIGLなどせずにもっと自己中心的に行動していれば起こらなかった問題だと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~

って感じ。NiPのOrg糞すぎますねー。(Org=Organization=組織サイドってこと)
しかもLerk0のスコア別に悪くもないからなー。
IGLの腕は良くも悪くも無い、まあ中の下って感じかなってとこだったけどこの3ヶ月すごく良かったのになー結果は負けたけど。

何が一番糞っていうと前にFifflarenに告発された金銭のちょろまかしとかもあるけど、何より

CEO陣にチーム作りの才能がない?



NiPの兄弟みたいなFnaticもあんまり勝ててないけど、Fnaはこんなスキャンダルが沢山出てこないぞ。
ゲームの内側のようでいて、マネジメントミスの部分が原因で何年にも渡ってストレスをチーム全体が抱えてたら本来の実力出なさそう。
drakenのこともdennisのことも見抜けなかった。
「人を見る目がない+人の話を聞かない」
これってもう物事の失敗のレシピですわ。。。って野次の1つも飛ばしたくなるねー^^;

人を見る目が無いって言ってもdrakenやdennisが悪いんじゃなくて、事前にしっかりとした説明とか話し合いが無かったんじゃないかと思う。
drakenが「試合中と練習中でプレーが全く違った」っていうのは、draken自身が本当にやりたいプレーは、
当時NiPがやりたい作戦とは違ったんだろうなっていう。だから練習もしなくていいやってdrakenは考えてたんじゃないかと思う。
その不満を話し合う方向じゃなくて練習に参加しないとかいうやり方で表現してしまっただけで。
まあそれがアンプロフェッショナルなんだけど、もっと入念なトライアウトがあればこんなことには。


まあ組織側にも株主との兼ね合いとかあって改善してますアピールが必要だから首切ったりして適当にアピールしてると思うんだけど
一方的にCEOが無能バカって言えるわけでもなく、drakenも自分からもっと不満を話し合ってほしかったし
dennisも「もしかすると俺にIGL無理かもしれないから、トライアウトを長くしてくれ」と一言あれば全然変わってたかもしれない。

皆がちょっとずつ悪いっていう感じ。もちろん一番上にいる「「CEO陣が悪い」」は間違いじゃないんだけど、
CEOが無能なんてどこの会社も同じことだし、もっと現場レベルで言えることがあるとすれば、
この話聞いてて、一歩前へ出る一番大きい勇気を持ってたのはlekr0だからマジですげーとは思ったけど、lekr0も一人で背負い込もうとしすぎてしまった。
dennisもそう見える。
そこも皆が、自分自身を犠牲にしない範囲で、もっとお互いのために仲間のためにちょっとずつだけ動けてたら全く違うチームになれてたんじゃないかなって。
教訓だわ。俺も気をつけよう。

まあでもやっぱCEO陣が悪いわ。
夢を追うチームをサポートするための組織とかじゃない。
CEOもチームが強くなることを望んでる部分は同じだと思うけど、
そのやり方、過程は全てCEOが決めるっていうスタンスじゃん、これじゃ。バカじゃん。
10年だか15年前にCS1.6で勝ったからってお前そんな偉いんかHeatoN?お前CSGOどんくらい強いんや?俺とあんま変わらんのとちゃうんか?ふんぞり返りやがって腹たつわーw

コメント

非公開コメント