CS系5v5のFPS初心者に送る戦略 その②

ちょっと今回も基本が出来た人には関係のない話になります。


■攻めで詰め待ちするときの注意点 特にヘイヴン

時間切れに注意。
あとヘイヴンAの花壇はCから詰めてきたら真横から全員やられます。

残り45秒とかになって「行くか」で事故多いのは何故か考えたことはありますか?
色んなところをクリアリングしないといけないのに時間がないから荒くなる。
変なところにショットガン、変な箱の上のジェットやレイズごときに足元すくわれる。
設置間に合うと思ってたらモロトフで時間切れ^^など。
全員で詰め待ちすると敵のスキルを温存させてしまう。

Aを詰め待ちしたいなら、いざというときはダブルドアも見れる窓部屋だったり、
もしくはCロビーの窪みのところに1人入るだけでA,B,C全部の詰め待ちを1人だけで全部見れるのでそれでいい時もある。

それか初動、エリアを確保してわざと足音鳴らしまくって無駄に決め打ちとかしながら行って、後から無音で引いていくだけでも敵は詰めてきにくくなります。ピストルとライフル両方撃って、複数人居るっぽい音を出します。
俺は更に去り際にルンバとグレを両方使ってサイト内に軽く決め打ちしたりします。

確証があるときは詰め待ち大賛成ですが、
そうじゃない時は
開幕2人くらいでダブルドアに壁貫き作業して張り付き阻止したり、Bの窓部屋をダブルピークして勝負するほうがまだ時間を有効に使えるかつリスクの少ない初手じゃないかと思います。
相手や試合展開によるので絶対の法則では決してありませんが。ただ無闇に待っちゃう人が多いのかなって思ったので。

■ヘイヴンのCのカメラ
ヘイヴンのCで開幕5人全員一緒に顔出して、サイファーが開幕につけた操作中のカメラにまとめて撮影されるシーン何度と無く見ました。
カメラが前ラウンドあった場所は、1人だけ顔だしてまずはカメラ有無を確認だと思います。まあCはAWP怖いですけどね。



■攻めは行こうとしていたところに行く法則

守りで、開幕1キルされて4v5にされて、制圧エリアもサイト以外なくてスキルも使っちゃってこのままじゃジリ貧。。。ってときに、
どこかを詰めて、制圧エリアの広さでその差を埋めようとしたとする。
((制圧エリアが広ければそれだけファーストコンタクトを取るのが奥になり、そうなればなるほど、味方の援軍が間に合いやすくなるから。
1ミリの角度で見て、見えた瞬間足元にモロトフとかもできる。どうせ居ても1人2人だろって所はタイマンのチャンスでもある。))

しかし!
結果、5人固まってBに来ようとしてるところにバッタリ出くわしてしまい、
あっけなくやられたとします。

攻め側は、5人Bに向かってることがバレてしまったのでAに切り返すこともできますが、時間が微妙なら大体そのままBに行く。
守り側の援軍が全然間に合うタイミングだったとしても、、、です。
野良だと意志統率が困難なので、最初に決めたことを後から覆すことそのものがリスクだし、足音報告しない人が多いので仕方がないのです。
相手がチームでない限り、ほぼほぼこの予想は外れたことはありません。

なので守り側のラウンド中盤のプッシュで得た情報は確実なものとして俺は扱ってます。
ある程度プッシュしていなければ「Aっぽい」と味方に報告します。
プッシュする距離と、残り時間は反比例します。
残り時間が短いのにいつまでもゆっくりプッシュする必要ないです。居なければダッシュで逆サイトへ。

しくじる稀なパターンとしては
ラウンド中盤で綺麗なフェイクかけて、「時間ギリギリ設置」を最初から狙ってくる攻め側でのマラソンとかシャトルランと呼ばれる作戦の相手だったとか。

コメント

非公開コメント