語らう二人

犬は恩を感じるらしいけど鳥や昆虫みたいなもっと脳の小さな生き物はどうだろう

鳥はワンチャンあるけど昆虫は無理でしょ。脳のキャパ的に長期的な記憶が出来ないんだから。

だけど、どこかに軍隊アリに餌をやる趣味の人が居てその人がムカデに噛まれてそのムカデがそのあと
軍隊アリの巣の近くをうっかり通りかかって死んだとしたら、敵を討ったように見えない?

見えるだけじゃん

恩返しって本当は意識的に行うものじゃないと思う。人間は意識的に物や言葉にしてそれを伝えることはあるけど
例えば果実をついばむ鳥は感謝を口にはしないけど種子を離れた場所に運んだりすることが、木からすると、果実を恵んでやった恩を鳥が返したように見える。
犬だって恩を返すのではなく、本能がそうさせるんだと思う。餌を与えてもらうという行為が授乳と似ているからじゃない、
狼と犬が分化したのは、人間を警戒するかしないかの性質の差によって、野営中の原始人が要らなくなった食事を狼に恵んでいたのが始まりだっていう説があるよ。
むしろ恩を返し合う事で得られる関係性を打算しているだけで、”恩”なんて言い方するけど、その正体は共生しようとする生き物の本能なんじゃない。
だから、人間は誰かに教えてもらわなくても恩っていう概念を理解できるでしょ。生まれ持った本能なんだよ

はぁ、そうかもねぇ

でも、もし恩という概念と共生の本能を区別して考えるなら、当たり前だけど恩は見出すもので、実際的な現象ではない。
それなら、例えば石ころに恩を着せたら石ころが恩を返すことだってあると思う。少なくともそう感じることがあるはず。

恩っていうものがそもそも目に見えないから、鶴が恩を返すことだってあるって話かな

さもありなん

君、外に遊びに行かないでそんなことばっかりいつも考えてるの?根暗だね

いいんだよ私はこれで

コメント

非公開コメント