FPSとの出会い

FPSはとても難しいけど、上手くなりたいと思ったことによって
挑戦したり学習しようとしたり挫折したり達成したりするといった精神的な経験を積むことができた気はする
自分の意志で自分が好きなことに、自分にかけられるだけの労力をかけることができたってのが、光栄。
まぁ、それを他の分野でやれって話なんですけどね。
恥をかいたり褒められたり、憧れたり誰かを応援したり、手助けしたり、見損なったり、見習ったり、そういうことが常にずっとあって
FPSをやってる時に言われた、何年経っても忘れないたくさんの、誰かに言われた大事な一言を振り返れば、
ああ、最高だったなぁ と
普通の人はネトゲに何千時間も費やしたりしないけど
やっぱりかけがえのない体験ができたなぁと。
とっても大満足。大したことない雑魚プレーヤーだったけど、これ以上望んだら罰当たるってくらい俺は色んな意味で恵まれてたと思う。

多分、弱い者同士の傷のなめ合いみたいなことをダラダラやったり、少しでも背伸びしようとしなかったら完全に時間の無駄でしかなかったと思う

コメント

非公開コメント