CTの立ち回りは戦術民のKD厨スタイルがベスト

CTの立ち回りは戦術民のKD厨がベスト
脳みそ入ってんのかよこの糞戦術民ンン!!!っていうようなプレーが素敵に思えます。
設置後は駄目だけど、
物凄くおおざっぱに言ってますが なんか面白い喩えが思いついたので書いてみたかっただけです。ごめんなさい。
CS:GO有名配信者Steel氏が良い事を言っていました。

set your ego and pride aside
エゴとプライドはしまっとけ
(リスキーなプレーをして負けたり、AIM勝負を挑んで負けたりすることがあった時には)

そうだよね。ムキになるより頭を冷やして、ダサくても、自分に出来ることをしましょう
っていう素晴らしいお話ですね。
多分、俺くらいだと思うけど、これすっごくわかるんだ。俺はすぐ脳天に血のぼって真正面からAWP相手にAKで戦いにいって
「あ、これそういうことができるゲームじゃねえんだった」
って1日に1回くらい思ってたからなぁ。
それが理解できてからも、たまにいけるんじゃねーかな、なんて思っちゃう。
自分がAWP使ってたら、特に守りは相手のAWPに対して勝負することはまれで、いかにARを一方的に殺すかっていうゲームだから、
そこには「勝負してる感」じゃなくて、いかに「ミスせずに的当てをするか」みたいな、冷めた気持ちが湧いてきて全然楽しくない。

「AWPの音がAロンでしたから、もうAロンには行かずに他の方攻めようぜ?ああ、でも、味方がAロン行くならカバーしないと!」
みたいな。で、結果負けると、はぁ、なんでAWPいる方にわざわざ行くんだよ。AWPとは一生戦うな。
下がらせるだけでもフラッシュ糞ほど焚かないといけないから、結果、もったいないだけ。
様々なことを考慮しながらプレーして、相手の思考を上回った時、突破口が開けるのがCS:GOだが
「めんどくせえ。考えるのが面倒くさいんだよこの糞げ。もうどうなってもいいから自己中プレーがしたい。ああ俺チームベースのゲーム絶対向いてないわ」
って感じになっちゃうってのが本音。
でもいかに冷めたプレーをしちゃうかってのがこのゲームの上手い下手に大きくかかわってるところで
それに対して情熱的に冷めることができたらなって思います。下らない独り言でした。

コメント

非公開コメント